パソコンの「スペック」って何?

大学へ進学。初めてのパソコンに必要なスペック

最近はスマホが普及してきてパソコンを使えない若者が増えているそうです。大学ではレポートを書く機会もあるので、自分のパソコンを買って使いこなせるようになりたい思う人も多いはずです。どのようなスペックに注意したらいいでしょう。
まず初めに、主にどのようなシチュエーションで使うかによって持ち歩けるものかどうかを決めます。ほとんど家でしか使わず、DVDやTVを観たりしたいなら、据え置きのデスクトップ型か大きめのノート型パソコンを選びます。反対に学校と家で頻繁に持ち歩くのであれば、軽量なノートパソコンということになります。どのくらいの重さを持ち歩けるかはもちろん人によって違いますが、だいたい1.2kg前後がモバイルノートかどうかの境だと考えられています。

モバイル型は外付け機器で拡張、据え置きは全部入りがお得

携帯性を重視したモバイル型の場合は機能面で諦めることも多くなりますが、DVDドライブやTVチューナーなど後でどうしても必要になった場合、外付け機器で対応できることも多いです。外付けではどうしても強化できない処理速度がどのくらいの物が良いかを次に考慮するのが良いと思います。見るべきスペックはCPUやメモリー等です。ネットの口コミを見れば、その機種でどこまでできるか書いてあることが多いのでそれらを参考に決めます。同時に画面の見易さや、バッテリーの持続時間等もチェックポイントです。
デスクトップ等の据え置きの場合は、TVを観たりするかの用途に合わせ必要な機能が全て入った物を買ってしまうのがよいと思います。モバイル型のように処理速度を犠牲にしている機種は少ないので普通の用途であれば処理速度はあまり気にしなくてもいいです。ただし、がっつりゲームをしたいとか、動画編集なども挑戦したい場合は、モバイル型同様、CPU、メモリーの情報などを口コミサイトなどでチェックします。
お店やネットであれこれ考えるのも楽しいひと時です。予算と相談しながら、お気に入りのパソコンを手に入れてみてはいかがでしょうか。