デスクトップ、ノート、使いやすいパソコンはどっち?

デスクトップかノートを選ぶかはそれぞれの使い道で違う

パソコンを購入する場合に、デスクトップにするかノートを選ぶかで悩んでしまうことは珍しいことではありません。どちらもメリットデメリットがありますから、自分の使い道に合わせてチョイスするようにしましょう。

まず普段パソコンを使う際に、パソコンのスペックを向上させるために、カスタマイズが好きな方はデスクトップを選ぶのが最適です。デスクトップの場合、カスタマイズがかなり容易であり、キーボードやモニタなどは自分の使いやすいように変更することができます。またスペック不足に陥った場合にもメモリ増設が簡単な作業でできるので、パソコンいじりが大好きな方はデスクトップで選ぶのも良いでしょう。デスクトップなら拡張パーツも簡単に手に入ります。

持ち運びをしたりネット閲覧をするだけならノートでもOK

パソコンを使う際に、外回りでも気軽に使える一台が欲しい場合や、普段ネットの閲覧や簡単な文書ソフトやメールソフトを使うだけという場合にはノートPCが最適です。

ノートパソコンの場合3Dが動かせるような高性能なものは高くなりますが、普段使いに適したスペックのものならば安く買うことができます。安いものでは30000円前後で入手できる場合もあるので、あまりパソコンにはこだわっていないという方はぜひノートのパソコンを買うことにしましょう。ノートパソコンのサイズはかばんに入る小さなものやタブレット兼用型のものがありますから、お好みに応じて選ぶと良いでしょう。持ち運びを頻繁にするならノートで、それ以外の場合にはデスクトップという選び方もあります。