素朴な疑問?パソコンはメーカーによって何が違うの?

多くのパソコンメーカー

あなたはパソコンメーカーの名前をいくつ挙げることができますか?
主なパソコンメーカーとして、「富士通」「パナソニック」「NEC」「SONY」「DELL」「HP」「ASUS」「東芝」「Lenovo」などがあります。そしてパソコンメーカーを大きく分けられるのは「国内メーカーか海外メーカーか」という点です。
さて、日本メーカーの主要メーカーとして「富士通」と「パナソニック」が挙げられます。「あれ?SONYや東芝は日本国内のメーカーじゃないの?」と思われる方も居ると思います。ちなみに、勘違いしている方が多いのですが、海外で作られたパーツを仕入れて日本国内で組み立てたパソコンは日本製のパソコンとして販売して良いことになるので気をつけましょう。普通に使える上安価なので人気がありますが、信頼性は日本製に比べて下がります。
さて、次の項目では更に詳しくポイントを絞って見ていきましょう。

パソコンメーカーで選ぶポイントとは!?

パソコンは決して安い買い物ではないのでどうしても慎重になります。多くのパソコンメーカーを比較して情報を得ましょう。
もし購入したあと不具合が起こって使いものにならない!なんてことが無いように備えておきたい方は「NEC」がいいと思います。多くの充実した丁寧なサポートを受けることが出来ますよ。そして仕事でパソコンを使う方は「パナソニック」が良いと思います。日本人の几帳面な性格に合わせた製品を提供し続けています。とはいってもやはり予算の問題があるんだよな……という方は比較的安価なノートパソコンを販売している「東芝」がおすすめです!海外で製造されたパーツとはいえ、日本国内で組み立てているため不具合が起きても独自のサポートを行ってくれます。また、パソコン初心者でも安心して使えるように相談できる電話サービスもあるので便利です。
あなたにとって仕事・趣味の相棒となる一台を見つけてくださいね。